80年代までのテレビ年表 

1873 イギリス 明暗を電気の強弱に変えて遠方に伝えるテレビジョンの開発始まる

1897 ブラウン管(cathode ray tube)発明。ドイツのKarl Ferdinand Braun氏

1925 テレビジョン 最初の公開実験  イギリスのベアード 有線

1925年(大正14) 日本でラジオ放送始まる

1925年 日本におけるテレビジョンの研究開始 = 高柳健次郎

昭和2年9月 日本のテレビ誕生とされる。テレビの父と呼ばれる高柳氏(1899-1990)が一人で研究を続けて、ついに大正15年、「イ」の字を映し出した。昭和2年9月に特許出願し、公表

1926ごろ 世界初の電子式テレビ装置

1928 世界初のテレビジョン放送  アメリカのWGY局が実験放送

1935 ドイツが本放送を開始、1936年ベルリンオリンピック大会をテレビ中継

1940 アメリカでカラーテレビ実験放送開始

1941 太平洋戦争で日本のテレビジョン研究中止、

1945     昭和20     東京大空襲
広島、長崎に原子爆弾が投下され、終戦を迎える。
1951     昭和26     12月、ラジオ東京放送(→TBSラジオ)開局。
1953     昭和28     シャープより国産第1号の白黒テレビ発売(14インチ/175,000円)
2月1日午後2時「NHK東京テレビジョン」(初日の受信契約数866件、受信料月額200円)がテレビジョン放送を開始。(最初の番組は歌舞伎中継)
8月28日「日本テレビ」が初の民放としてテレビジョン放送を開始 (NTSC)、 翌29日には早くも後楽園球場から「巨人×阪神」のナイターを生中継(テレビジョンにおける初のプロ野球中継)。
12月31日、東京・有楽町の日劇から「第4回NHK紅白歌合戦」がTV初放送される(前回まで正月番組だった「紅白」はこの回から現在の大晦日に移行)。
1954     昭和29     3月1日、NHK大阪・名古屋両テレビジョンが本放送開始
7月、NHK名古屋放送局と中部日本放送(CBC)の合弁による「名古屋テレビ塔」完成、運用開始
1955     昭和30     2月27日、第27回衆院選挙でNHKがテレビ初の選挙開票速報を放送。
4月1日、民放第2局目(ラジオ東京テレビジョン→TBS)開局。
1956     昭和31     4月、米アンペックス社がVTRを開発。
12月、NHKカラーテレビ実験放送開始 。
12月1日、CBCテレビ、大阪テレビ放送(現・朝日放送)開局、名古屋・大阪でも民放テレビがスタート
1957     昭和32     人工衛星が打ち上げられる。
1958     昭和33     4月、大阪テレビがアンペックス社製VTRを輸入。
6月1日、大阪テレビが本邦初のVTR使用ドラマ「ちんどんやの天使」放送(一人二役の場面で使用)。
7月7日、大阪テレビが史上初の富士山頂からの生中継に成功。
10月31日、ラジオ東京テレビが初のVTR実用化ドラマ「私は貝になりたい」(橋本忍脚本、岡本愛彦演出。VTRは前半で使用し、後半は生)放送。なおこの作品は第13回芸術祭大賞受賞。
12月23日、10月に完成した東京タワー、運用開始。
1959     昭和34     1月、NHK東京教育テレビジョン放送開始
2月、初の民間教育専門局、日本教育テレビ(NETテレビ、現・テレビ朝日)開局
3月、フジテレビジョン開局
4月10日、皇太子殿下(現在の平成で即位されている天皇陛下)と美智子妃殿下のご結婚パレードの催しをめぐって日本全国に放送される。(テレビ普及200万台突破)
8月、ラジオ東京テレビ、朝日放送他19局が皇太子ご成婚パレード中継での取材協力を機に、初の民間放送TVネットワーク(後のJNN)を形成。
1960     昭和35     9月10日、NHKと民放4局がカラーテレビの本放送をスタート。(開始当初カラー番組は1日1時間。白黒番組が主流だった)
11月29日、ラジオ東京放送が東京放送(TBS)に社名変更、以後「ラジオ○○」だったラテ兼営局が「○○放送」と改称するなど地方局でも社名変更が相次ぐ。
1962     昭和37     10月1日、史上初の“キャスターニュース”且つネットワーク制作参加ニュース番組、TBS「JNNニュースコープ」放送開始(初代キャスターは共に新聞記者出身の戸川猪佐武と田英夫)。
1963     昭和38     1月1日、国産初のTVアニメ、手塚治虫の「鉄腕アトム」がフジテレビで放映開始。
11月23日、世界初の人工衛星によるテレビジョン中継放送がアメリカを主にして、日本にも公開、大成功に終わる。しかしこの放送をきっかけに、当時のアメリカ大統領に就任していた「J.F.ケネディ」氏が暗殺され、放送事業者の間にも大きな影響を受ける。
1964     昭和39     4月12日、NETに続く国内2番目の民間教育専門局、日本科学技術振興財団テレビ局(東京12チャンネル、現テレビ東京)開局。
日本国内で「東海道新幹線」の開通式の催し、「東京オリンピック」のテレビ観戦中継、「大相撲」中継などの番組が放送される。
1966     昭和41     日本のカラーテレビジョン放送(制作局側のカラー放送への対応、受像器の生産などの両面)、試験放送から本放送へと着手(実施)へ。
1967     昭和42     10月、当時米統治下だった沖縄初の公共放送法人「沖縄放送協会」(OHK)発足、同年12月テレビ放送開始(主にNHK総合テレビの番組をネット)。
1968     昭和43     2月20日、NHK徳島教育テレビジョンが我が国初のUHF局として開局。
8月12日、初の民放UHF局・岐阜放送開局。以降同年末から翌々年にかけてUHF局開局ラッシュ。
1969     昭和44     宇宙開発事業団「NASDA」が発足。
日本相撲協会、3月春場所2日目の大鵬×戸田戦(大鵬の連勝が45でストップした一番)での微妙な判定を機に、NHKの協力で翌5月夏場所から勝負判定にVTRを導入。
5月6日、5日前に開局したばかりのUHF局、サンテレビジョン(神戸)が甲子園から阪神×広島戦を試合開始から終了まで生中継(TV史上初のプロ野球完全放送)。
7月21日、アポロ11号の人類初月面着陸の様子を38万km離れた月からリアルタイムで中継。
1970     昭和45     3月14日、日本万国博覧会開会式特番「幕ひらく日本万国博」を史上初の全民放78局(当時)同時ネットで放送。
鹿児島にある種子島宇宙センターにおいて、日本初の「人工衛星」が打ち上げられる。
1972     昭和47     NHK総合テレビが全番組カラー化。
2月28日、NHKと民放4ネットワーク、連合赤軍浅間山荘事件(人質救出・容疑者逮捕)を現場から10時間前後にわたり生中継。
5月15日、沖縄の本土復帰により「OHK」解散、沖縄内戦以来再発足のNHK沖縄放送局が業務を継承。
1973     昭和48     11月1日、民間教育局制度の廃止によりNETテレビと東京12チャンネル、一般局に移行。
1974     昭和49     石油ショックの影響により1月から約半年間、NHK2波は23時で放送終了、民放各局も深夜番組を自粛。
4月1日、NHK初の大型ニュース番組「ニュースセンター9時」放送開始(キャスター磯村尚徳)。
1975     昭和50     3月31日、関西地区のネットワーク再編(俗に言う“腸捻転解消”)で毎日放送がNET系からTBS系に、朝日放送がTBS系からNET系にそれぞれ移行。
1976     昭和51     7月27日、史上初のネットワーク共同制作によるドラマシリーズ、朝日放送・NET・名古屋テレビ他8社共同制作「新二人の事件簿・暁に駆ける」(篠田三郎、高岡健二主演)放映開始(~翌年4月)。
1977     昭和52     4月1日、NETテレビが全国朝日放送(テレビ朝日)に社名変更。
8月29日、TBSが史上初の3時間ドラマ「海は甦える」(江藤淳・作、仲代達矢主演)を放送。なお番組中、スポンサーの日立も史上初の3分CMを4本放映。
10月2~9日、テレビ朝日、1月に米ABCテレビで放映した大作ドラマ「ルーツ」を8夜連続、計12時間放映。
1978     昭和53     8月26・27日、日本テレビが全国規模としては初のテレソン番組「24時間テレビ・愛は地球を救う」を放送。
9月28日、日本テレビ、音声多重放送開始。(翌10月にはNHK、フジテレビ、TBSも開始)
11月6日、史上初(にしていまのところ唯一)の1時間シリーズアニメ、水島新司の「野球狂の詩」がフジテレビで放映開始(~翌年4月)。
1981     昭和56     1月2日、東京12チャンネルが史上初の12時間ドラマ「それからの武蔵」(萬屋錦之介主演)を正午から深夜0時にわたり放送、以降毎年1月2日の恒例となる(現在は10時間ドラマ)。
10月1日、東京12チャンネルがテレビ東京に社名変更(翌年3月、初のネット局・テレビ大阪開局)。